リバースエンジニアリングは製品機能や、従属部品、原価見積、潜在的なパテント侵害の特定などの分析に便利です。

リバースエンジニアリングは、今ある具体的な部品から、3Dコンピュータ支援デザイン(CAD)や、コンピュータ支援製造(CAM)、コンピュータ支援エンジニアリング(CAE)、その他ソフトウェア向けに3Dのバーチャルモデルを作成する方法です。含まれるプロセスは、目的物の測定、その後に3Dモデルとして再構築することです。

リバースエンジニアリングは、製品機能や、従属部品、原価見積もり、潜在的なパテント侵害の特定などの分析に便利です。さらには、紛失した文書や記録のないもの、特にCADソフトが広く利用される以前の設計部品などの供給にも使用できます。

三次元測定器(CMM)や,アーム、構造化されたホワイトライト・デジタイザーのようなポータブル三次元測定器(PCMM)に搭載された3Dスキャニングテクノロジーを使用して、物理的な目的物を測定することができます。通常点群として代表される測定データは形態的情報に欠けるので、多くは、表面が三角形になっているメッシュ(STL)ファイルに加工され、次にNURB*表面セットあるいはCADモデルのようなもっと使い勝手のよいフォーマットに形作られます。

*非定形合理的ベース・スプライン (NURBS)

企業の大小を問わずリバースエンジニアリングを使用して、現状の物理的形状をデジタル環境にします。リバースエンジニアリングの適用例には次のものがあります。

  

自動車産業

  • 手作りでデジタル記録のなかった板金の設計
  • デザイン研究室で手作りの粘土モデルのデジタル化

航空宇宙産業

  • 組み立て工程用の出来部品のデジタルデータを提供
  • 遺産航空機の部品(CADなしで作られた747のパーツなど)をアーカイブ
  • FAAによるFEA分析用にフルサイズの航空機を再生

 
                                                         参考:https://www.hexagonmi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー