皆様、こんにちは。

現在、皆様のエリアでコロナウイルスの状況はどうでしょうか?今日までベトナムで国内感染は35日連続ゼロになります。良かったです。
今日リバースエンジニアリングのステップを深く話しましょう。

リバースエンジニアリングとは、設計>製造という手段とは逆の、製品から設計データを制作する手法の事を言います。過去に製造された製品の設計データが無い場合や、クレイモデルのCADデータ化など、これまでとは違った製造アプローチが可能となります。データ化することにより変形や調整が容易になることでのスケジュール短縮や、管理・保全の面でも安全性が高くなります。

                            [ 弊社サービスの特徴 ]

■STLデータの最適化に強い
リバースエンジニアリングでは面を張る前のデータの処理がとても重要になります。その際、測定データは点群データであり、STLに変換して調整を行います。弊社ではCG分野で様々な活動を行ってきた経験から、ポリゴン状態における調整、最適化のノウハウが御座います。

■多彩な3Dプリンターとノウハウがあるから試作制作もまとめて作ることができる
弊社は3Dプリントサービスを基盤に成長してきた企業の為、様々な出力造型機を所持しております。
また、長年のノウハウもあり高品質・短納期で試作品を製作し、収めることができるのです。リバースエンジニアリング後、そのまま試作品をつくり形状を確認する、ということが可能になり、データ制作から形状の確認・監修までを一気に行うことができます。

 [ 対応可能フォーマット ]
■オートサーフェス
STLの形状に忠実な自由曲面サーフェスをパッチ状に貼り付けます。

■CADモデリング
STL形状を元に、幾何学形状を抽出し、CADデータのモデリングを行います。納品するデータは、他のCADソフトでも編集が可能です。
■ハイブリッドモデル
オートサーフェスと、CADライクモデリングを組み合わせて形状を製作します。機械形状と手作業で削った部分の合成などを行うことが可能です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー