デザイナーソケットから小型サイズのプラスチック部品、そして車体パネルや個別設計の車両形状品までの範囲-リバースエンジニアリングの適用領域には、精密3次元デジタル化処理の刺激的で多彩な領域があります。

現実の対象物からその本物の3次元モデルの作成までは、短時間ですが精密な測定処理で済みます-問題の対象物が、手製プロタイプや見本、対応するCADデータのない旧来の製品モデルかに関係なく、どんなに複雑な自由形式領域のデータ取得であっても、数秒以内に完了します。

データ取得の完了後、生成された3次元データは、リバースエンジニアリングソフトウェアにエクスポートされ、CADモデルに変換されます。この過程を通して生成されたCADデータは、その後、連続生産や、金型やツール生産または比較解析のベースとして使用されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー