自動車業界でのクラスAサーフェス(CLASS – A)と呼ばれる高品質な自由曲面の製作実績をもって上流のコンセプトデータからクラスAサーフェス(CLASS – A)まで様々な種類のサーフェイスデータの製作サービスを行っております。

これから簡単な自動車が製造の工程を説明させていただきます。

自動車の設計の工程:

1.スケッチ

最初の意想からスケッチを描きます。

 

2.3Dモデリング

スケッチを3Dモデリングします。

 

3.クレイモデル

デザインが決定すると、クレイ(工業用粘土)を使ってクレイモデラーが立体化します。スケールモデル(縮尺模型)からフルサイズのモデル、室内のモデルも造形してデザインの検討を行います。クレイモデルは、デザイン面や空力特性、使い勝手など、さまざまな要素を検討するための目安になる重要なものです。室内のモデルは、実際に乗車してデザインの検討や操作性などを確認するために使用されます。木を削る工具で加工したり、皮を巻いて縫製をしたりと本物の自動車と同じ質感に仕上げていきます。

カーモデラーは、自動車メーカーや自動車部品メーカーのモデラーとして従事している人が多数です。数は多くありませんが、これらの企業でキャリアを積んだあと、フリーランスのカーモデラーになる人もいます

4。クラスAサーフェス

クレイモデルをスキャンして、スキャンでーたからAutodesk AliasでクラスAサーフェスします。

承認を受けたクレイモデルを3DCADの技術でデータ化します。CGモデラー専任がこの作業を行う場合や、クレイモデラーが兼任する場合もありますが、モデラーには3DCADの技術が必要です。このデータを元に自動車の設計図が作成されます。

5.ShowCarを製造(Cubing)

クラスAサーフェスデータがあったら、ShowCarを製造します。インテリアも組み立てします。全体を検査、観察、判断します。

6.自動車を生産
判断あとで自動車のボディの金型を設計して、部品を製造して、組み立てします。

 

PSHのクラスAサーフェスのサービス

PSH Design は10年間に3D分野で活躍しました。クラスAサーフェスをする為にPSHの設計者はドイツでトレーニングしまして、BMWのスペシャリストによって直接訓練しました。近年に日本会社のクラスAサーフェス分野を連携しました。多くプロジェクトをしました。日本の標準とドイツの標準について把握しています。我々はお客様に最高のサービスを提供することを確約します。

           PSHのパートナーに対してPilot Projectは無料です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー