AutodeskのFusion360なら、メッシュデータを取り込むことで、簡単にメッシュモデルを生成できます。STLやOBJデータといったから、思いのままのメッシュモデリングを行いましょう。また、作成したメッシュボディは、ソリッドボディやTスプラインボディへ変換・保存も可能です。こちらでは、そんなFusion360のメッシュ機能の概要や特長、具体的な使い方について詳しく解説いたします。

Fusion360のメッシュ機能の特徴

Fusion360はSTLまたはOBJといったメッシュデータを取り込むことで、参考形状として設計時に使用できます。エラー時の修正機能やNURBS曲面への変換機能など、機能面も充実しています。

  • ● STL:3Dプリントで採用されている標準形式。CADソフトで読み書きできる。スキャンデータなどを読み込めば、結果的にリバースエンジニアリングにも活用できる。
  • ● OBJ:多くの3Dモデリグ・レンダリングソフトが対応している形式。なお、Fusion360はモデルボディをメッシュ編集モードでメッシュボディに変換できるため、OBJでの保存も可能。

作業スペースの切り替え

メッシュ機能を利用するには、はじめに作業スペースを「メッシュ」に切り替える必要があります。そのためには、いくつかの手順が踏まなくてはなりません。やり方は以下です。

  • 1.右上にある自身のアカウントアイコンをクリックし、「基本設定」を選択する
  • 2.左に並んでいるカテゴリーのなかから「プレビュー機能」を選択する
  • 3.「[メッシュ]作業スペース」のチェックを入れてOKをクリックする
  • 4.Fusion360の通常画面に戻り、「作成▼」から「メッシュを作成」をクリックする

Fusion360でメッシュボディを変換する方法

次に、Fusion360を使ってメッシュボディを変換する具体的な手順について解説します。

メッシュファイルをFusion360に挿入する方法

まずはメッシュファイルをFusion360へと挿入しましょう。操作自体は至ってシンプルです。
まずは上部メニューのなかの「挿入▼」を選択してください。その後、「メッシュを挿入」を選びます。OSのエクスプローラーが開くので、ここで事前に用意しておいたSTLまたはOBJファイルを選択。「開く」をクリックしましょう。
その後、「メッシュの挿入」ダイアログボックスと一緒に、メッシュボディが表示されます。そのまま「OK」を押せば、メッシュワークスペースで編集が可能になります。
なお、挿入したメッシュデータに不要かつ過多な三角形がある場合などは、再メッシュツールを使います。これにより、メッシュを均一に整えられます。

メッシュ機能を使いこなすならフアクトで!

メッシュのモデリングが実行できれば、モノづくりのさまざまな場面に生かせます。ぜひ今回ご紹介した手法をご確認いただき、業務に生かしてください。 なお、当社では契約いただいたお客様へ、Fusion360のサポートを行っております。今回ご紹介したメッシュ機能だけでなく、スケッチやボディなどの基本的な扱い方まで対応。Fusion360をこれから導入するという方や、ユーザーを追加したいという方まで、全て当社にお任せください。

ダウンロード・アップデートはもちろん、そのほかの細かな部分まで丁寧にアドバイスさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー